HOME >>

生命保険の損得話!へようこそ!

生命保険の損得話!へアクセスしていただき、ありがとうございます。

生命保険の損得話!

生命保険解約の損得を考えますと、加入中の生命保険が目的と合っていない場合には、思い切って解約したほうが良いこともあります。

掛捨ての生命保険は別として、保険を解約した場合には、解約返戻金が支払われますが、10年未満の生命保険解約はそれまでに払った保険料よりも少なくなる場合が多くなっています。

定期保険は、一定期間の大型保障が安いという意味では優れていますが、満期時の解約返戻金はありませんから、貯蓄機能は期待できません。

養老保険は保険料が高額になりますが、満期になりますと契約時の死亡保険金と同額の生存保険金を受け取ることができますから、貯蓄機能付の定期保険となります。

生命保険加入につきまして、商売をしている人とサラリーマンでは大きな感覚の違いがあるようです。

サラリーマンの中でも特に営業経験のない人は顕著とされています。商売人は、この生命保険の外交員とつきあって得するかといった広い視野、長期的な視点での損得勘定を持っています。

現在健康であっても将来的にはどうなるかといった不安はもちろん誰にでもありますが、生命保険にはもう一つの要素が存在しています。

生命保険とは、一般に死亡保障(遺族の生活費などの備え)ですが、生命保険はその保障領域を医療保険(病気や怪我による手術および入院費用など)や老後保障(老後の生活に対する備え)にも広がっています。

生命保険は契約したその日から、死亡などもしものことがありますと保険金の全額が支払われますが、預金の場合には必要な資金が貯まるまでには長い期間を必要とします。

ですから、いつ起こるか分からないリスクには生命保険、期日の分かるリスクには預金となるでしょう。

生命保険の損得を考えるのでしたら、不必要な保険は一刻も早く解約すべきでしょう。

生命保険の損得話!記事一覧

生命保険の損得話!

生命保険の損得話

当サイトについて

生命保険の損得話!へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。